神ゲー降臨ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

ゼルダの伝説シリーズはつまらない? 約束された神ゲー?

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー !?

本作はゼルダ史上初のオープンワールド方式を採用、神ゲーとして世界中で高く評価されている。(任天堂|発売日:2017年3月3日|売上: 226万本以上|総合プロデューサー:青沼英二)

ゼルダの伝説は、Nintendo 64 時代から 小さな箱庭のような3D世界を構築して、自由に動きまわれる楽しみと遊び方を提案してきた。

本作ブレスオブザワイルド(以後 BoW)は、安易に昨今のゲームの流れを意識して「オープンワールドに挑戦」という意味合いは適切でない。

今迄のゼルダシリーズの正統進化系が 本作のゼルダの伝説 BoW であり、皆が知るオープンワールドシステムの登場以前から、既にオープンワールドのようなコンセプトを先駆けて展開していた。

本作は、アニメのような映像で広大な世界を好きなように攻略ができるのが注目ポイント。この「好きなように」の部分に好き嫌いは分かれるかもしれない。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー そのストーリー

ハイラル王国の歴史は太古の昔から幾度もガノンと言う名の厄災に見舞われてきた。

その度 勇者の魂を持つ者と女神の血を引く聖なる姫の活躍によって 平穏を取り戻して来た 繰り返しの歴史、ガノンとの戦いを伝説として幾度も刻みながら 時は流れた これより語るは今から一万年程 昔の話。

当時のハイラルは高度な文明を花開かせていた それはもはや魔物すら脅威としない程だったという、人々はその技術や力を 勇者と姫の助けにしようと考えた 厄災が復活しても その封印を確実にするモノを造ろうと、彼らは人が操る四体の巨大な獣 神獣  そして ガーディアン と呼ばれる 自らの意思で敵と戦う からくりの兵 を造りだした。

神獣を操る四人は 特殊な能力に秀でた者より選び出された こうしてガノンに対する術は整えられた。そして厄災ガノンが復活し ハイラルを襲った時 彼らは勇者や姫と共に ガノンに立ち向かった、ガーディアンは小さいながらも数を活かして勇者達を守り 神獣は その巨体から猛撃を放って奴の力を削りとった。

そして退魔の剣を持つ勇者が ガノンに止めを刺し 聖なる力を受け継ぐ王家の姫が見事 奴を封印した。

そして100年前、

リンクとハイラル王国の姫ゼルダは、ゲルド族のウルボザ、リト族のリーバル、ゴロン族のダルケル、ゾーラ族のミファー達、4人の英傑と彼らの操る神獣と共にガノン討伐に挑むが、虚しくも4人の英傑は志半ばで命を落とした。

ゼルダ姫は僅かな希望を繋ぐため、瀕死のリンクを永きの眠りにつかせ、リンクの回復の時を待つ間、ゼルダ姫1人でガノンの厄災の力を何とか抑えていた。

ゼルダ姫の力の限界も近づきはじめた 100年後、リンクは目を覚ました。

がしかしその永き眠りの影響で彼は記憶を失っていた。

はたしてリンクは記憶を取り戻し、英傑たちが操った神獣を蘇らせ、今も1人孤独に戦っているゼルダ姫の元に駆けつけ、今度こそ厄災ガノンを滅ぼし、ハイラル王国に平和の物語を、もたらすことができるのだろうか?

マスターソード

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 楽しい・面白い点

  • 大自然広がる広大なオープンワールド
  • 愛おしくなるキャラクター達
  • 探究心をくすぐる無駄な要素のない世界のサイクル
  • 直感的な操作が楽しい
  • 退屈しない世界を駆け巡るサブクエスト
  • 自由度の高い攻略が面白い

大自然広がる広大なオープンワールド

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

オープンワールド ゼルダの伝説 BoW の世界では、物語に関係ない場所まで本当に細かく地名や地理が設定され、掲載しきれない程の場所が存在する。

地図を見ながら、物語とは関係なくても「そこに行けば何かあるのではないだろうか?」このような人間の持つ探究心が溢れてくる世界が描かれている。

見た物を シーカーストーン(古代の端末)のカメラ機能を使って ウツシエ (写真)を撮影することで、被写体をハイラル図鑑に登録すれば、その在り処や生息場所を検索することもできる。写真撮影をしながらハイラル図鑑(全リスト385種類)作りのハイラル旅行をするのも楽しいだろう。

大きな街や城は存在しないが、様々な場所にバラエティーに富んだ仕掛けが多く、退屈をすることはなかった。

地理・地名の一覧

  • カカリコ村
  • ゾーラの里
  • ゴロンシティ
  • ハテノ村
  • ウオトリー村
  • リトの村
  • ゲルドの街
  • コログの森
  • イチカラ村
  • アッカレ古代研究所
馬宿

  • ゲルドキャニオン馬宿
  • 平原外れの馬宿
  • リバーサイド馬宿
  • 双子馬宿
  • レイクサイド馬宿
  • リトの馬宿
  • ヒガッカレ馬宿
  • 高原の馬宿
  • 湿原の馬宿
  • 他多数
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

地理

  • 西ハテール
  • オルディン渓谷
  • ハイリア湖
  • フィローネ海
  • ラネール山
  • アッカレ高原
  • デスマウンテン
  • ヘブラ山脈
  • タバンタ辺境
  • ハイラル丘陵
  • ゲルド砂漠
  • 他多数

  • ガオマ・アサの祠
  • カマ・ラヒの祠
  • カザ・トッキの祠
  • キュ・ラムヒの祠
  • タ・ムールの祠
  • ダ・キキーの祠
  • タロ・ニヒの祠
  • ダタ・クスの祠
  • ミーズー・ヨの祠
  • 全120箇所
シーカータワー

  • アッカレの塔
  • ゲルドの塔
  • 丘陵の塔
  • フィローネの塔
  • ヘブらの塔
  • 荒野の塔
  • 平原の塔
  • ラネールの塔
  • 他多数

愛おしくなるキャラクター達

  • ウルボザ(声:下田レイ)|厄災ガノン討伐の為に選ばれたゲルド族の英傑。周囲に気配りできる姉御肌であり ゼルダ も彼女に強い信頼を寄せている。落雷を落とす特殊な能力を持ち、戦う姿は華麗な舞のようである。神獣ヴァ・ナボリスを操る。ウルボザの怒り でリンクを助ける。後に彼女の愛用した ウルボザの盾 をリンクが貰い受ける。
  • リーバル(声:山口登) |厄災ガノンに対抗する 神獣 を操るために選ばれた、英傑の1人。上昇気流を発生させ、空高く舞い上がる独自の技を開発するなどリト族の中でも類稀なる飛行技術と、重量級の弓を軽々扱う筋力と敏捷性を持つ。 神獣ヴァ・メドーを操る。リーバルトルネード でリンクを助ける。後に彼が愛用した オオワシの弓 を貰い受ける。
  • ミファー(声:一色まゆ) |ゾーラ族を代表する英傑にして一族の姫。リンクとは幼馴染みでもある。心優しく物静かな性格だが芯は強く、世界を守る為に厄災ガノンとの戦いに身を投じる。彼女の持つ癒しの力はゾーラ族の大きな支えとなっている。神獣ヴァ・ルッタを操る。ミファーの祈り でリンクを助ける。後に彼女の一族の大事な 光鱗の槍 を貰い受ける
  • ダルケル(声:武田幸史)| 厄災ガノン討伐のために選出された 英傑 の1人。豪快でありながら仲間思いで、気配りのできる優しい性格のゴロン族。あらゆる衝撃を受けつけず、己の体の何倍もの大きな落石さえも砕く鉄壁の護りを持つ。神獣 ヴァ・ルーダニアを操る。ダルケルの護り でリンクを助ける。後に彼が愛用した 巨岩砕き を貰い受ける。

探究心をくすぐる無駄な要素のない世界のサイクル

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

ゼルダの伝説 BoW の世界には無駄がない。

モンスター討伐で手に入るアイテムや 自然から採取できる草花や野草やキノコなどの食材、鹿や狼、猪などの 野生動物の肉、各地に隠れる妖精コログから貰えるコログの実など必ず使い道がある。

動物の肉や魚 草花 生物 虫 モンスターの部位 は料理や薬剤の材料に。
草花など衣装の染物としても活用でき、コログの実 は持ち物の増加に。

鉱石から取れる ダイヤモンド や サファイア や トパーズ や 夜光石 は武具の製造に、売り捌いて 金策にすることもできる。

儲けたお金で、衣装や弓矢、材料費用に当てるのもいい。
野生の馬を捕まえて自分の馬にしてもいい。

自然のサイクルがゲームの中でも行われているのは、他のオープンワールドではあまり無い要素で、このように一手間かかっている作りこみは任天堂の強みでもある。

料理・素材の一覧
料理

  • ゴーゴー上岩塩焼き肉
  • スタミナ串焼きキノコ
  • がんばり塩焼き魚
  • チカラ山盛り煮込み果実
  • マックス包み焼き肉
  • 甘露煮肉
  • マックス焼き山菜
  • がんばり極上ケモノ丼
  • ゴーゴー薬
  • 他多数
鉱物

  • ダイヤモンド
  • サファイア
  • ルビー
  • トパーズ
  • 夜光石
  • オパール
  • 火打ち石
  • コハク
植物

  • ポカポカ草の実
  • マックストリュフ
  • ツルギバナナ
  • リンゴ
  • 極上ケモノ肉
  • 姫しずか
  • マックスラディッシュ
  • 星のかけら
  • ハイラルバス
  • 他多数
まもの素材

  • ゴーゴーガエル
  • ビリビリアゲハ
  • ヒンヤリヤンマ
  • ガンバリガニ
  • シノビタニシ
  • ヒノックスの牙
  • 古代のシャフト
  • 古代の巨大なコア
  • リザルフォスの爪
  • 他多数
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

直感的な操作感が楽しい

BoW の世界は、現実の世界と同じように、木を倒せば木材として使え、木材に火をつければ焚き火に、その火の中に食材を落とせば焼ける。

風を起こす「コログのうちわ」で帆の張ってあるイカダ に向けて振ると風を受けてイカダが動く。

風が吹けば、投げた 爆弾 が風の影響を受けたり、パラセールが流されたり。
草原に火をつければ熱風が昇りパラセールを広げれば風に乗って上昇できる。

暴風雨が吹き荒れ雷が鳴ると、金属の剣や盾に飛来してくる。
それを利用して剣や盾を避雷針にして大きな岩を動かしたり、敵への攻撃に使ったり、

このように、自然現象や人の思考と操作が直結しており、説明書がなくても、何となく「こうすれば良いんだね」と分かる直感的な操作感がよく考えられている。

退屈しない世界を駆け巡るサブクエスト

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー
サブクエストの一覧
ほこらチャレンジ

  • ドクロの左目
  • 孤島の試練
  • 弟はいずこ?
  • 馬宿の風景画
  • 影が示す先に
  • 口を閉ざした剣士
  • 砂漠の試練
  • 七人の英雄
  • 無敗の女王
  • 全42種
ミニチャレンジ

  • 幼き武器マニア
  • こおりの杖 試練
  • ハイラル城に眠る武器
  • もう一人の研究者
  • 羽ばたけ!サクラダ工務店
  • 成金の遊び方
  • 求ム!不審者情報
  • 幸せを運ぶ匠
  • ウツシエとシーカーセンサー
  • 全76種
思い出した記憶

  • 仮初めの儀式
  • 英傑 リーバル
  • 大厄災 復活
  • 英傑 ダルケル
  • ゼルダの苛立ち
  • 英傑ウルボザ
  • イーガ団の凶刃
  • マスターソード
  • 英傑 ミーファ
  • 全13種

自由度の高い攻略が面白い

本作 BoW は今までのシリーズと違って攻略の順番はプレイヤーに委ねられる。その気になればラスボスに最初から挑むこともできる。

訪れる地域では、様々な 天候 に見舞われる為、着る服を考えたり、探索中に出会う各地に存在する強敵の ライネル や ヒノックス や イワロック を倒したり。その強敵との戦闘に備え、妖精の泉で衣装を強化したり、装備を整えて正面から挑むも良し。アイテムを駆使して直接対決を避けて倒すのもプレイヤー次第で攻略の方法は自由だ。

物語で得られる過去の仲間達の技も心強く攻略やボス戦の計算に入れて進められるのは良い点。

 ゼルダの伝説

アイテム・衣装の一覧
シーカーストーン アイテム

  • リモコン爆弾
  • マグネキャッチ
  • ビタロック
  • アイスメーカー
  • ウツシエ
  • アミーボ
衣装

  • 英傑の服
  • 防寒着
  • 耐火の石鎧
  • 忍びスーツ
  • ゾーラの鎧
  • 雷鳴の兜
  • クライムバンダナ
  • 夜光マスク
  • ライネルマスク
  • ダークヘッド
  • 古代兵装・上鎧
  • ダイヤの頭飾り

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドはつまらない ? 面白くない点

  • 操作が難しい
  • リンクの身体能力が低い
  • 武具が脆すぎる
  • 物語そのものはかなり短い
  • フォトモードがしょぼい

操作が難しい

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

直感的な操作ができる点はいいのだが、初めは操作方法を難しく感じた。

特に武器や弓、盾の持ち替え方や 敵との戦闘、敵へのロックオンが中途半端。

弓矢で狙いがつけにくい。
Nintendo Switch のコントローラーのアナログスティックは、ポインタで狙いをつける際に、微調整が難しい。

リンクの身体能力が低い

リンクの身体能力は、祠を1つクリアすると1つ貰える克服の証を4個集めると、女神像にハートの器、もしくはがんばりの器に交換して貰って、ライフゲージか頑張りゲージを上げることが出来る。

しかしリンクの基礎身体能力は普通の人間並みで、ジャンプ力も普通、水に潜れないなど、パワーも普通、とても厄災ガノンと戦える力があるとは思えない。

武具が脆すぎる

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

剣や盾、弓などには耐久度があり、どんなに優れた武具もいずれは壊れてしまう。それは仕方がないとしても、全ての武具があまりに耐久度が低く脆すぎるのは如何なものか。一回の戦闘で壊れることも珍しくない。お気に入りの武具は壊したくないので、戦闘を避けてしまうようになる。

武具の一覧
武器

  • 火炎の槍
  • 氷雪の槍
  • 火炎の大剣
  • ボルテージロッド
  • 近衛の槍
  • 騎士の剣
  • ライネルの剣
  • 王家の両手剣
  • マスターソード
  • 他多数

  • 二連弓
  • 騎士の弓
  • ゲルドの弓
  • ライネルの弓
  • 王家の弓
  • 森人の弓
  • 他多数

  • ゲルドの盾
  • ライネルの盾
  • 魚柄の盾
  • 森人の盾
  • 太陽の盾
  • 騎士の盾
  • 他多数

物語そのものは短い

物語を追うだけの遊び方だとお大まかに分けて五体のボスを倒すだけで終了してしまう。

オープンワールドの世界を探索する気がない人は100%楽しむことは難しい。長時間かけて世界を探索してクリアしたにも関わらずエンディングはアッサリし過ぎて拍子抜けする。世界が救われたような実感が持てなかった。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは神ゲー

フォトモードがしょぼい

オープンワールドゲーム では定番の フォトモード だが ゼルダ でも 古代の端末 シーカーストーン を使った写し絵として写真撮影を楽しめるのだが、

ゲーム内で48枚 しか保存ができない。そして本体の外に取り出すことができないので、SNSで公開して楽しむことができない。写真をSNSで投稿して楽しむには、ゲーム内のフォトモード機能ではなく本体のスクリーンショット機能を使うしかない。

せっかくのフォトモードが非常にもったいなく、悪い点。


それらを踏まえてゼルダの伝説ブレスオブザワイルドには星5を贈ろう

多くのオープンワールドゲームは、描かれている世界は広大だが、街並みは張子だったり、見て回る景色だけ、なんてパターンが多い。しかし、流石は任天堂が作ったオープンワールド。探究心をくすぐるさ様々な仕掛けと、探検した分だけプレイヤーに還元される要素が散りばめられている。

ゲームの歴史に残る最高傑作ゼルダの伝説時のオカリナ

ゼルダの伝説 時のオカリナ ゲーム史に燦然と輝く最高傑作

2020.04.19