ロストジャッジメント は前作と比べて つまらない?

ロストジャッジメントはつまらない

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶 は JUDGE EYES を超えたか?

ロストジャッジメントはつまらない のか面白い のか。前作と比べて進化したのか。筆者は前作 ジャッジアイズ はクリア済みで、非常に楽しめた作品だった。

木村拓哉氏を起用した本シリーズは、龍が如くの派生作品として、安定した面白さを誇り、特に物語の秀逸さに定評がある作品。

筆者的には任侠ドラマよりも、こちらの作品の方が好みである。しかしロストジャッジメント(2021年9月24日発売 SEGA 開発 名越稔洋 総合監督 細川一毅 プロデューサー)はボリュームはアップしたが、前作ほどの興奮は無かったのが正直な感想。

その理由を述べていこう。

ロストジャッジメントはつまらない ?面白い?そのストーリー

ある日横浜異人町で発見された若者の腐乱死体。

死体は腐乱が激しく、身元が特定できなかった。この事件の鍵を握るのは、世間を炎上させた痴漢にして現職の警察官、江原。江原の裁判の弁護を務めるのが、源田法律事務所の城崎と星野でたった。

江原は痴漢容疑の裁判中に、突如、異人長で発見された死体が御子柴弘だと証言を始めた。御子柴は江原の息子をイジメで死に追いやった万死に値する人物だとも。

御子柴は八神がイジメ調査で潜入していた誠陵高校のOBで同校で教育実習中に突然失踪していた人物だった。

八神が捜査するイジメ問題と御子柴弘と江原の関係が繋がり始めた時、八神達はイジメという根深い問題の裏で起こっている、大きな事件に挑むことになるのだった。

ロストジャッジメントは面白い 楽しい・良い点

  • バラエティーに富んだストーリー
  • 作品を彩る個性的なキャラクター達
  • 豊富なスポット
  • 多彩なバトルスタイル

バラエティーに富んだストーリー

本作は本編の メインケース と街の探索や調査依頼からなる サイドケース そして指導員として潜入する 誠陵高校 を舞台に繰り広げられる ユース の3つのストーリーが存在し、シリアスな物語からハートフルな物語まで幅広い様々なエピソードが八神を待ち受ける。

それらの進行には場面に応じた、能力や道具を活かして攻略することになる。Twitter をパロったユッターを使った バズリサーチャー 電波探知機 や 集音器 探偵犬の乱歩 などの道具やペット。 アクティブサーチ スニーク アスレチック など八神の身体能力を活かしたものまで、新要素を含めて様々だ。

ユースは前作に無かったモードで、エピソードに応じた新しい本格的なミニゲームを多数楽しむことができ、ゲーム本編以外のボリュームが盛り沢山。

クリア後は、ザ・ガントレット 様々なミッションが遊べてクリアすれば本編で役立つアイテムが入手可能。プレミアアドベンチャー 本編に関係なく自由に街を探索できる。などのモードが解放されるのも長く遊べる嬉しい要素。

サイドケース・ユースドラマ(一部)

サイドケース

  • 落ちそうな男 街でビルの外壁をよじ登る蜘蛛男なんてものがいるらしい。
  • 強盗はCafeにいる 神室町でオフィスアローン4という映画の撮影をしているらしい。
  • タイムカプセルのゆくえ 10年前にタイムカプセルを埋めたが行方不明らしい、唯一の手がかりは、巨人の車輪が睥睨せし、最も枝多き木から、南に3歩。東に2歩の位置にお宝は眠る、と彼らが悪ふざけで残した暗号。
  • カッパのゆくえ 街おこし課の児玉さんの依頼でフォトスポットに設置したカッパ像を探す八神。
  • ライアン忍術教室爆誕! ライアンが忍術教室を作ったらしいが、カラシニコフというロシア人忍者が開いた忍術教室に生徒を奪われているらしい。

ユースドラマ

  • 誠陵高校ミステリー研究会 部長の天沢鏡子が関心を寄せる学園内の謎の一つ、ねじ曲がった願望を持つ高校生の夢を叶えると噂される、ある闇サイトの運営者プロフェッサー。八神と共に様々な事件を追ってプロフェッサーの正体を暴く。
  • 誠陵高校ダンス部 ダンス部にパパ活用をしている女子がいると、ミステリー研究会の天沢からの調査依頼で臨時の指導員として潜入、調査を進めていくうちにダンス部の何者かが闇サイトの運営者プロフェッサーに依頼した危険な噂に行き着く。はたして真実はいかに?
  • 誠陵高校ロボット部 異人町でロボットによるひったくり事件が多発。現場付近で誠陵高校ロボット部の使用する特徴のボルトが見つかる。
  • 轟健闘ジム 最近、異人町で腕力に自信のあるゴロツキやチンピラが、辻殴り と呼ばれる通り魔に勝負を挑まれ、ボコボコにされる事件が起こっている。その正体を噂されているのが、轟木拳闘ジムに通う誠陵高校2年の押切拳也、八神は調査の為ボクシングジムに入会するがはたして。
  • 暴走族メイド・イン・ヘブン 異人町の暴走族メイド・イン・ヘブンの総代 周防遊馬は誠陵高校の風紀委員長でもあり、風紀ハンターとしても校則に厳しい、そんな彼が何故、暴走族に加入したのか、天沢の依頼で暴走族に潜入する八神だった。
  • 誠陵高校eスポーツ部 練習試合で起こった部長の三本松による相手スター選手の秒殺劇による大番狂わせ。だが周囲からはチートを行ったのではないかと疑われるが、真相はいかに。

作品を彩る個性的なキャラクター達

本作では前作同様に木村拓哉氏を主人公に、新たに玉木宏氏、山本耕史氏など実在の俳優が演じるキャラクター達が作品に命を吹き込む。実在の人物以外にも、思い入れのある前作のキャラクターや新たなお気に入りに加えたくなる新キャラ達が登場。

メインストーリー人物

メイン ストーリー人物 解説(一部)
  • 八神隆之 声:木村拓哉|東城会系松金組の松金組長に育てられるが、ヤクザにはならず弁護士になる。ある殺人事件の無罪を勝ち取ったがそれが原因で更なる事件を招き寺澤絵美が殺害される。それを機に弁護士から身を引き探偵業を始める。
  • 海藤正治 声:藤真秀|八神探偵事務所の調査員でかつては東城会系松金組の組員、組みを破門された所を八神に救われる。以来八神と行動を共にする。腕っぷしが強く義理人情に厚い裏表の無い性格。
  • 杉浦文也 声:寺島惇太|かつて仮面の窃盗団のメンバー ジェスターとして軽い身のこなしを武器に活動。八神が無罪を勝ち取った事件の被害者、寺澤絵美の弟でもある。八神と活動を共にした後、九十九誠一と共に横浜九十九課を立ち上げる。
  • 九十九誠一 声:宮本淳|かつて神室町のネットカフェに住み着いていたオタク。コンピュータの知識を用いて時々、八神の仕事を手伝う。現在は杉浦と共に伊勢左木異人町で探偵事務所、横浜九十九課を開業。
  • 城崎さおり 声:甲斐田裕子| 源田法律事務所 の弁護士でかつての八神の同僚。無口だが度胸と責任感、正義感は強い。痴漢で逮捕された江原の弁護を担当。
  • 星野一生 声:林勇|源田法律事務所の弁護士で先輩である城崎さおりにおもいをよせる。八神と共に痴漢事件の現場を調査する。
  • 源田龍造 声:中尾彬|人権派の 弁護士 として 神室町 で ヤクザ とも渡り合いながら、小さな法律事務所を長らく経営しながら、八神など後輩の育成、面倒を見る。
  • 東徹 声:川原慶久|元東城会系松金組の組員で現在はゲームセンターシャルルのオーナー。海藤を兄貴と慕う。
  • 桑名仁 声:山本耕史|伊勢左木異人町で非合法の仕事も引き受ける便利屋。 便利屋 になる前は真っ当な仕事をしていたようだが。
  • 鉄爪 声:笠間淳|横浜異人町を縄張りに活動するギャング横浜流氓の幹部。
  • 澤陽子 声:山根舞|私立誠陵高校の英語教師。4年前に起きた江原敏朗の自殺事件の時には在籍しており、江原敏朗からイジメを打ち明けられるも 敏朗の担任 により事実を隠蔽される。
  • 江原明弘 声:光石研|警視庁巡査長。都内の電車内で 痴漢 を行い 新宿駅 で逮捕される。4年前に誠陵高校に通う息子、江原敏朗をいじめ自殺で亡くす。
  • 御子柴弘 声:梶川翔平| 誠陵高校 の教育実習生で同校の元生徒、 江原敏朗 と同学年でイジメの加害者として噂しれていた。教育実習中に行方不明になり 伊勢左木異人町 の 廃ビル で 腐乱遺体 で発見される。
  • 奥田雄三 声:屋良有作|誠陵高校理事長。八神らに 校内の いじめ調査 を依頼する。
  • 香田真美 声:富樫美鈴|私立誠陵高校2年2組の生徒。バスケットボール部。 バスケットボール部OB の教育実習生の 御子柴 に バスケット初心者 であることに目をつけられ、そのことから同じクラスのバスケ部生徒からイジメを受けるようになる。
  • 松井 声:狩野翔|誠陵高校2年2組のバスケ部の生徒で仲間と一緒に香田をイジメる問題児。
  • あかね 声:八巻アンナ|誠陵高校2年2組のバスケ部の生徒で仲間と一緒に香田をイジメる問題児。
  • 相馬和樹 声:玉木宏|神室町の 半グレ集団 RK のリーダーで 元東城会組員。 手下を引き連れ桑名を追う。
  • 阿久津大夢 声:浜田賢二|神室町の半グレ集団RKのナンバー2で元東城会の下っ端組員。
  • 渡辺基祐 声:喜山茂雄|神奈川県警捜査第一課刑事。御子柴弘殺害事件を捜査。ナベさんと呼ばれている。事件の聞き取りに誠陵高校を訪れる。
  • 鷹野貞雄 声:北田理道|東京地方検察庁の検事。江原明弘の痴漢事件を担当する。
  • 楠本玲子 声:林真里花|厚労省の事務次官。黒川学園で起こったイジメによる生徒の飛び降り自殺。その被害者である楠本充の母親。息子は一命を取り留めたが、13年間意識が不明のままだった。
  • 坂東秀美 声:青山穣|警察庁警備局公安課 調整官。厚労省事務次官である楠本玲子に接触する。
  • 川井信也 声:宮崎遊|神室町のチンピラ。RKに行方を追われるが、居場所が特定できなかった。学生時代にイジメで同級生を自殺に追い込んだと誇らしげに武勇伝を語る。何らかの事件に巻き込まれる。
  • 間宮由依 声:豊口めぐみ|新宿駅で江原明弘が起こした痴漢の被害者。

ユース ストーリー 人物

ユース ストーリー人物 解説(一部)
  • 天沢鏡子 声:高橋ミナミ|誠陵高校3年生、ミステリー研究会部長。有名なミステリー作家、天沢奇譚を祖父に持つ。日常的に謎を追いかけるミステリーマニア。プロフェッサーという謎の人物を追いかける。
  • 西園さやか 声:近藤唯|誠陵高校2年生、ダンス部の部長。明るく元気で努力家なスポ根女子。全国高校生ダンスJAMの優勝を目指す。
  • 押切拳也 声:前田誠二|類稀な格闘技センスを持つ誠陵高校2年生。轟木健闘ジムに通う。
  • 秀防優馬 声:下鶴直幸|誠陵高校3年生、風紀ハンターの異名を持つ風紀委員員長。何故か暴走族メイド・イン・ヘブンに加入して総代まで上り詰める。
  • 沖手河童夢 声:田丸篤志|誠陵高校2年生、ロボット部部長。ロボット部の革新者として高校生とは思えぬマネジメント能力とプロデューサー的手腕を持つ。

豊富なスポット

ロストジャッジメントはつまらない

本作はお馴染みの神室町と龍が如く7で登場した伊勢左木異人町をメイン舞台に、事件の謎に迫る。

異人町には様々なスポットが点在し、プレイヤーを楽しませてくれる。ゲームセンターではなんとファイティンバイパーズやバーチャファイター5など既存の名作ゲームを遊べる。ぜひ町を探索してスポットやエピソードを発見してみよう。

スポット 一覧(一部)
商店

  • 小野寺商店
  • POPPO
  • 一番製菓
  • ハッスル洋品店
  • 金花薬局
  • えびすや
  • デコラッシュ
  • 易興堂

飲食

  • 銀だこ ハイボール酒場
  • 喫茶ポケット
  • 養老乃瀧
  • 吉野家
  • プラージュ
  • カフェブレイブ
  • 割烹勝巳

遊戯

ロストジャッジメントはつまらない
  • 路上将棋
  • 雀荘クラブ 花鳥風月
  • バッティングセンター
  • 薬局
  • ゴルフ
  • ダーツ
  • ドローンレース
  • VRサロン

ゲーセン

ロストジャッジメントはつまらない
  • ソニックザファイターズ
  • ファイティングバイパーズ
  • モーターレイド
  • UFOキャッチャー

八神探偵事務所 マスターシステム

  • アレックスキッドのミラクルワールド
  • ファンタジーゾーン

事務所レコード

  • レッツダンス
  • 幕開け
  • Random fire
  • 終わりよければ全てよし

ユースイベント

ロストジャッジメントはつまらない
  • ボクシング
  • ロボット
  • ダンス
  • バーチャファイター5
  • バイクレース

多彩なバトルスタイル

ロストジャッジメントはつまらない

ジャッジアイズでは、「円舞」と「一閃」という2種類のバトルスタイルをプレイヤーの好みや状況に応じて選択ができた。

本作 ロストジャッジメント では、それらにプラス「流」という新しい バトルスタイル が加わり、更にバトルの幅が広がった。

もちろん八神の成長要素も健在で、自分好みのスキルを育てることが可能。バランス良く育てるもよし、1つのスタイルを極めるもよし。筆者は一閃に特化して育てた。

  • 円舞 |多くの敵を巻き込んで打撃攻撃することが得意なバトルスタイルで集団戦闘に有効。回避行動であるスウェイにも優れ、連続回避、上空への回避技、舞空も特徴。
  • 一閃 |1人の敵に対して集中的に攻撃することを得意とする。一対一での戦闘に効果を発揮。他のバトルスタイルと比較してバランスに優れ、スキルを獲得することで、全ての局面に役立つアクションを習得可能。
  • 流 |敵の攻撃を受けて対処することが得意なバトルスタイル。特に近接攻撃用の武器を持った敵の対処に効果的。

ロストジャッジメントの つまらない 面白くない点

  • ジャッジアイズとの八神と比べて 八神らしくない
  • ロストジャッジメントはテンポが悪い
  • キャラクターと親密度を高める要素や場面が少ない

ジャッジアイズとの八神と比べて 八神らしくない

ロストジャッジメントはつまらない

筆者は 前作 を遊んだ経験から、今作は 八神 らしくないなと感じる場面があった。

例えば、物語中で一般人の前で秘匿をベラベラ喋ったり、ある時は高校生に手玉に取られたり。ドジだなぁと感じる場面や

重要な証言の撮影や録音をしていなかったり、捕まえた共犯者をそのまま解放したりと、首を傾げたくなる軽率な行動が目立ち、前作の八神とは何か違うなと違和感を感じた。

そして一番大きな疑問は 八神の正義感 が本当に正しいのか? 1人の 被害者 に感情移入しすぎて偏っているのではないかと感じて、作品を通して八神に個人的に共感しずらかった。

そもそも被害者との親密度を感じられなかったので、敵に対しての怒りは前作ほどは、沸き起こらなかった事も原因か。

なので クリア後 は前作ほどの、晴れ晴れ感は無かった。

因みに重要キャラクターの桑名の行動動機にも疑問があり。物語が強引で本作の 桑名等 を含めたキャラクターの行動には疑問が残った。

ロストジャッジメントはテンポが悪い

ロストジャッジメントはつまらない

筆者は本編とサイドストーリーを並行して進めるのだが、本作の本編はサクサク進むのに対して、サイドケース、ユースの進行作業量が膨大でサイドを進めるのが苦痛になって思うように捗らなかった。

なので今回はサイドケースは途中で切り上げ、本編を先に終わらせた。

結局、本編をクリアした後ではサイドを全て遊ぶメリットも感じなかったのでコンプリートはしていない。

一つ一つのサイドケース、ユースのボリュームは半分くらいで十分だと思う。同じことの繰り返しで疲れる。

一部、バグっぽい変な挙動( スケボー 、本編とサイドケースが同時に始まる)や ローディングが長い のも付け加えたい。(PS4版)

これらの要因からテンポが悪いと感じた。

キャラクターと親密度を高める要素や場面が少ない

ロストジャッジメントはつまらない

街には様々なスポットがあるが、グランドセフトオートのように仲間を誘ってそれらの場所で息抜きができれば尚よかった。

九十九とドローンレースに出て対戦したり、海藤とバッティングセンターに行ったり。杉浦と雀荘に出入りしたり、生徒と街中で遭遇したり。澤先生とお茶したり。

知り合いのユッターの呟きに反応したり。

今作は ガールフレンド が1人(望月・S・エミリ)で後はDLコンテンツ(藤堂湊 葉加瀬響子 早乙女月乃)というのは、フルプライスで前作からダウングレードとは、いかがなものか。

天沢 と密に行動する割に、何も無いのも残念、高校生だから難しいのか。

しかし、これだけ多くのスポットと スマホ の機能があるのに勿体ない。

本編を壊さない程度でもう少しオフの付き合いができたらよかったし、キャラクターにより感情移入できたはずだ。


それらを踏まえて
ロストジャッジメントには
星3.5を贈ろう

前作の ジャッジアイズ 死神の遺言 は 名作 であったが為に、本作の期待値、ハードルが高まってしまった感があります。

しかし個人的には前作は超えなかった。

ロストジャッジメントも面白い作品なのは間違いありませんが。前作は善悪がはっきりしていて共感しやすかった。本作はイジメに対する「罪と罰」という答えの出ないテーマに対して、八神の正義に共感できれば面白いのですが、

もし共感できない場合は モヤモヤ とした疑問が残ります。勝手な欲を言えば、選択肢を設けて分岐、マルチエンディングなどを選べたら、2週目の楽しみや、サイドケース、ユースの やり込み のバランスを満たせたのではないかと、個人的には思いました。

ロストジャッジメントは面白い
Rakutenロストジャッジメントはつまらない

LOST JUDGMENT 筆者のプレイ映像


LOST JUDGMENT 主題歌「蝸旋」jon-YAKITORY feat. Ado


ジャッジアイズは最高に面白い

JUDGE EYES:死神の遺言 やめ時を忘れる面白さ

2020.04.20

AD ご協力お願いします