北斗が如く北斗の拳を再構築

北斗が如くはつまらない




龍が如くシリーズの派生作品

北斗が如くはつまらない ?のか面白いのか?について。北斗が如くは(2018年3月8日 セガから発売)北斗の拳を題材にした龍が如くシリーズの派生作品だ。

ケンシロウやトキなど北斗の拳のお馴染みのキャラクターやゲームオリジナルのキャラが登場し原作とは違うアナザーストーリーが展開されている。声優陣も龍が如くシリーズの声優が担当している点も注目だ。

北斗が如くのストーリー

最終戦争の業火により、あらゆる生命体は滅びたかに見えた。しかし……人類は死滅していなかった。 すべての文明が吹き飛ばされ、何も生み出されない時代が到来。 強き者がわずかに残された食糧や資源を全て手に入れる、 まさに暴力が支配する世界となっていた。 そんな世界の片隅に“奇跡の街”と呼ばれる場所があった。

北斗が如く | セガ公式サイト

北斗が如くの面白い・楽しい点

  • 北斗の拳のキャラクターが登場
  • 龍が如くシリーズの寄り道が健在
  • ケンシロウのカスタマイズが可能に

北斗の拳のキャラクターが登場

北斗が如くの名の通り、ケンシロウはじめトキや南斗水鳥拳のレイ、ウイグル獄長など原作お馴染みのキャラが物語を彩ってくれる。

キャラクター一覧
  • ケンシロウ(声:黒田崇矢)|一子相伝の暗殺拳、北斗神拳の伝承者。南斗聖拳のシンにフィアンセのユリアを奪われる。再びシンとの戦いとユリアの奪還を決意し旅に出る。シンとの死闘で負った傷は、胸に七つの傷を持つ男として名を広めるのだった。
  • キサナ(声:沢城みゆき)|荒廃した世界で人々が安全に暮らせる町エデン。その創始者の娘で、亡き父に代わり町を統治する。
  • ジャグレ(声:三宅健太)|キサナの幼馴染でエデンの衛兵隊の隊長を務める。キサナに淡い思いを寄せる。ケンシロウに対し、強硬な態度であったが、よき相棒として関係を築く。
  • バット|ケンシロウと共に旅する孤児の男の子。ヤンチャな性格だが優しい心の持ち主で同じ孤児のリンを守る。
  • リン|ケンシロウと共に旅をする。孤児の少女。ケンシロウと出会った時は、過去のトラウマで言葉を喋れない状態だったが、ケンシロウに救われる。優しい心の持ち主で時に無茶をすることも。
  • レイ(声:森川智之)|南斗水鳥拳の使い手。行方不明の妹のアイリを探し、胸に七つの傷を持つ男を手がかりとして探している。
  • トキ(声:咲野俊介)|ケンシロウと共に北斗の拳を学んだ義兄。長兄のラオウは実の兄であるが、その拳法ら兄が剛の拳ならば、トキは柔の拳を操る。北斗神拳を応用した医療にも長けている。
  • ライラ(声:久川綾)|エデンの夜の世界を仕切る妖艶な女性。男まさりな性格だが賢明な判断力で人望も厚い。
  • 凶王 凶王軍を率い、エデンの脅威となっている。謎の拳法を使い仮面の下の正体は不明。
北斗が如くはつまらない

龍が如くシリーズの寄り道が健在

闘技場やキャバクラ、カジノなどの龍が如くシリーズの遊びはもちろんのこと、町医者やバーテンダーなど北斗が如くオリジナルのミニゲームも遊ぶことができる。

ミニゲーム一覧

その他

  • 商売人ケン
  • バーテンダーケン
  • デスバッティング
  • ヒャッハーラリー
  • 黒服ケンシロウ
  • ケンシロウクリニック
  • コロセウム
  • レトロゲーム

カジノ

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ルーレット
  • ポーカー

ゲーム

  • スペースハリアー
  • アウトラン
  • UFOキャッチャー
  • スーパーハングオン

ケンシロウのカスタマイズが可能に

本作ではケンシロウの衣装チェンジや能力のカスタマイズ、護符の装備が可能になっている。自分好みのケンシロウに育て上げろ。

能力・護符一覧

  • 攻撃力強化1
  • 攻撃力強化(大)1
  • バースト時防御力増加1
  • 生命力増加1
  • 走りガード強化
  • 救世の光

  • 宿星護符 プリセット枠追加2
  • 宿星護符 エデンセット
  • 宿星護符 南斗セット
  • 宿星護符 北斗セット

護符

  • リン 天命の護符 ケンシロウの生命力が尽きても復活
  • シン 殉星の護符 一定時間、通常攻撃で得られる七星ゲージが増える
  • ラオウ 覇道の護符 奥義天将奔烈が発動
  • ユリア 慈母星の護符 一定時間バースト状態になる
  • バット 腕白の護符 バギーの耐久性が上がる
  • トキ 達観の護符 複数の敵の秘孔を突く

  • 北斗百裂拳・剛
  • 北斗八悶九断
  • 交首破顔拳
  • 北斗猛翔破
  • 北斗断骨筋

  • バースト時間延長1
  • 七星ゲージ充填量増加1
  • 奥義奥義威力増加1
  • 北斗剛掌波・壱
  • 跳躍・渾身
  • 闘気陣




北斗が如くは
つまらない・面白くない点

  • 戦闘など全体的に単調で飽きる
  • 移動が苦痛
  • キャラを活かしきれていない

戦闘が単調で飽きる

「北斗百烈拳!」「お前はもう死んでいる」などケンシロウの名セリフは、ゲーム内でも健在なのだが、大量の雑魚的に対しても毎度毎度と繰り返し聞いているとうんざりしてくる。

戦闘は最初こそ、北斗の拳の代名詞と言える見覚えのある演出に「おっ」思わせるが、ケンシロウが原作ほど強いわけではないので、雑魚との戦闘に苦戦する場面もあり、何度も繰り返すうちに飽きてしまう。

北斗が如くはつまらない 移動が苦痛

龍が如くシリーズと違う点は、町から町の移動は車を運転して目的地に向かう、当然そこでも雑魚敵と何度も戦わなければならない

移動中の景色も、変わり映えのない荒野をひたすらPS4の映像に似つかわしくないチープデザインと挙動の車で移動することは、次第にプレイヤーに苦痛を与えるだろう。

キャラを活かしきれていない

原作の主要キャラがチョイ役、チョイ出し、程度の扱い、リンやバットなんて脇役もいいところだろう。もう少しストーリーに絡めないのだろうか。ゲームオリジナルのキャラが目立ちすぎ、原作の展開と乖離している点は、原作ファンの中にはガッカリする人もいるだろう。筆者もその1人だ。


それらを踏まえて 北斗が如く には
星2.5を贈ろう

龍が如くシリーズが好きで、尚且つ北斗の拳も好きなプレイヤーにうってつけの本作。しかし、漫画原作の内容を期待するとガッカリするかもしれません。

あくまでゲームは龍が如くなので、ケンシロウは漫画のような強さはありませんし、物語もゲームオリジナルの脚本で原作とは一切関係ありません。

移動や戦闘の不便さも積み重なるとストレスを感じてしまう作品となりました。

北斗が如くはつまらない
RakutenAmazon

広告にご協力お願いします