真・女神転生Ⅴ 神々と悪魔の巣食う混沌世界へ迷い込んで

メガテン5は面白い

真・女神転生Ⅴの世界を100時間ほど彷徨った

メガテン5は面白い 最高峰の宗教的RPGゲーム。メガテンこと真・女神転生はペルソナなどの大人気RPG シリーズの原点となる。アトラスの看板タイトル。

本作、真・女神転生はナンバリングタイトルとして、待望の5作目となる作品だ。(発売日 2021年11月11日 発売SEGA 開発ATLUS プロデューサー 山井一千氏 キャラデザ 土居政之氏)

アトラス好きの筆者がメガテン5の世界を100時間以上、彷徨ってみて感じたこの世界を伝えていこう。

メガテン5は面白い そのストーリー

主人公は都内に住む高校三年生。全寮制の縄印学園に通いながら、平和な毎日を送っていた。ある日、友人達と共に下校路にある品川駅を通り抜けようとするが、近くで殺人事件が発生したらしく

駅は通行止めになっていた。主人公は別行動を取った友人を探して、付近のトンネルを訪れる。

そこで起こった崩落事故。

事故に巻き込まれた主人公は気を失い、目を覚ますとそこは、荒廃し砂漠と化した東京だった。そこで主人公は悪魔に襲われる。逃げ惑う主人公の前に突如現れた謎の男。

「少年、死にたくなければ手を取れ」

その手を取った瞬間、2人は眩い光に包まれ融合を果たし禁忌の存在ナホビノへと変貌。ナホビノの力を使い悪魔を撃破した主人公は、ダアトと呼ばわり砂漠の東京を彷徨う。ダアトには巨大な龍や凶悪な魔王など神話の世界に存在する神や悪魔が跋扈し、お互いの存在を掛けて熾烈な争いを繰り広げていた。

「いったい東京に何が起こったのか?ナホビノとはいったい?」

真実を求め進むうち、主人公は世界の未来を賭けた、神と悪魔たちの戦いに身を投じることになる。
(公式サイトから引用)

メガテン5の面白い・楽しい点

  • 各々の思想で世界を分けるキャラクター達と仲魔
  • ナホビノ&仲魔の成長とカスタマイズ要素
  • 奥深い戦闘
  • 長く遊べる要素

各々の思想で世界を分ける
キャラクター達と仲魔

メガテンに登場するキャラクターや悪魔の多くは、世界各地に伝わる神話や伝説、宗教上の神々を元に描かれている。歴史的な背景や文化を元にデザインに反映されていると推察でき、神々しく描かれているキャラクターデザインを眺めるだけでも メガテン5は面白い と感じられる。

キャラクター詳細(一部)
  • 主人公|都内に住む高校三年生の少年。下校中にトンネル崩落事故に遭い、砂漠化した世界ダアトに迷い込む。趣味は読書。
  • アオガミ:声 森川智之|ダアトにて悪魔に襲われる主人公の前に突如として現れた謎の男。主人公と手を取ることで禁忌の存在ナホビノへと変貌する。
  • ナホビノ|悪魔に対抗しうる超常の力を使うことができる。意思決定は主人公にあり、アオガミは声のみで主人公を導く。
  • 磯野上タオ:声 早見沙織|主人公の同級生。ラクロス部。友達思いで世話焼きな性格。子供の頃から強い霊感を持ち、ベテル日本支部を手伝っている。ベテルの一員となった主人公をサポートする
  • 敦田ユヅル:声 石川界人|主人公の友人で、行動力のある優等生。正義感が強く、妹のミヤヅを守る為、ベテルに協力し臨時部隊として戦う。主人公と共にダアトを訪れたことで更なる力を得る。東京の平和の為、改めて戦うことを決意
  • 太宰イチロウ:声 谷山紀章|主人公の同級生。根は明るいが、空回り気味な部分も。成績が悪く一部から「残念な奴」と言われる。動画配信を趣味とし、高輪トンネルを撮影中に崩落事故に巻き込まれダアトに迷い込む。ベテルからの協力要請を快諾。「悪魔から人を守ること」を絶対の正義と信じ、悪魔に立ち向かう。
  • 敦田ミヤヅ:声 広橋涼|ユヅルの妹で唯一の肉親。引っ込み思案な性格。身体が弱く、よく保健室に行っている。縄印学園が悪魔に襲撃された際、悪魔に襲われる。
  • 越水ハヤオ:声 津田健次郎|日本の内閣総理大臣にして、ベテル日本支部の代表。冷静で落ち着いた性格で知略に富む。イチロウ達に悪魔召喚プログラムを与えベテルへの協力を依頼。
  • 八雲ショウヘイ:声 杉田智和|ダアトを進む主人公の前に立ち塞がる謎の男。自ら全ての「悪魔を狩る者」と名乗る。その目的や正体は不明。悪魔・ジョカと行動を共にする。
  • ジョカ:声 竹達彩奈|中国神話に登場する女神。とある目的で、八雲が幼い頃から行動を共にする。八雲と主人公の前に突如現れる。
  • アブディエル:声 朴璐美|ベテル本部を統括する天使。非常に厳格で自他に厳しく、ベテルの秩序を乱すものは実力で排除する。また神に絶対の信頼を寄せ、神の決めた秩序を守ることを第一としている。

悪魔詳細(一部)
  • ゼウス|ギリシャ神話の主神。全知全能の存在とされている天空神にして、オリンポス十二神をはじめとする神々の王。クロノスの子であり、ハデスとポセイドンの兄弟。父神であるクロノスを打倒し、全宇宙の支配権を手に入れる。また女神だけでなく、様々な人間の女性との間にも多数の子供をもうけたという。
  • ザオウゴンゲン|役小角が金峯山で感得した、降魔の働きを示す護法神。釈迦、観音、ミロクの三尊が合体したものとされ、仏典には説かれていない、日本独自の仏である。
  • スラシャオ|悪を討つために太陽が沈んだ後に地上に降り立つとされる大天使。その名は「耳を傾ける」という意味を持つ。ゾロアスター教では、人間の叫びを聞くアフラ・マズダの耳の役目を果たすとされる。
  • マダ|インドの神話の巨大なアスラ。その名は「酩酊者」を意味する。仙人チャヴァナが炎から作りだしたたいう。敵対者を一飲みにする力を持ち、インドラ神すらもその恐ろしさに屈したと伝えられている。
  • アリス|金髪の少女の姿をした正体不明な霊。あどけない容貌に反して底知れぬ呪力を持つ魔人である。不幸な死を遂げたイギリス人少女の霊であるとも、何者かの偏愛思念から生まれた悪霊とも言われる。
  • シュウ|中国の古代神話に登場する魔王。牛の頭に8本あるいは6本の手に、四つの目という姿で描かれる。武器の発明者でもある彼は戦闘を得意とし、連戦連勝を誇る強大な軍勢を率いていた。天下を取ることを望んだ彼は偉大な帝王である黄帝の軍勢と戦い、互角以上に渡りあったが、太母神である西王母の助力を得た黄帝の前に敗れた。彼の体はバラバラにされ、2箇所に埋葬されたという。
  • カマエル|ユダヤ伝承の戦いの天使。能天使を支配する存在で、その名は「神を見る者」を意味する。破壊・懲罰・死の天使たちの指揮官であり、火星を支配する者でもあるとも伝えられている。
  • セト|エジプト神話の悪神であり、元は上エジプト地方で崇拝された主神であった。兄であるオシリス神を謀略により殺害し、神々の支配者となるが、オシリス神の息子でるホルス神に撃たれる。
  • デメテル|ギリシャ神話の女神。その名は「母なる大地」を意味する古典ギリシャ語である。ゼウスの姉であり、豊穣神でり穀物の栽培を人間に教えた神とされる。文明を発展させたことから法が必要になり、「掟をもたらす者」という意味の「デーメーテール・テスモボ ポロス」という別目が存在する。
  • アリラト|アラビアの古い大母神。カーバの地に四面の黒い石柱を本体としてまつられていたと言われる。息子である山と星の神ドゥスラと共に、砂漠の遊牧民たちの崇拝を集めたという。
  • リャンナンシー|アイルランドの妖精で、人間の女性に似た姿で現れるとされる。名は「妖精の恋人」の意。人間の男の愛を求めており、恋人となった男の生命を吸い取って生きているが、その代わり恋人に霊感を与えるという。
  • イッポンダタラ|熊野の山奥に住んでいると伝えられる、一つ目で一本足の妖怪。山に雪が積もると、その中に一本足でつけたと思われる30センチ程度の足跡を残すとされる。
  • コウモクテン|広目天。仏教の護法神で、四天王の一者。八部衆を同族に持ち、帝釈天の命を受け、四方位の西を守護する。甲冑を着た怒りの表情、三叉の矛を持つ姿で表されることが多い。世界を鋭く監視し、その弁舌で人々を強化するとされる。
  • フツヌシ|日本書紀に登場する刀剣の神。天孫降臨に先立ち、葦原中つ国を平定したとされる。フツヌシという名は、物が断ち切られるさまを表す「フツ」と、神であることを表す「ヌシ」から成っているとされる。
  • アドラメレク|地獄の尚書長、地獄の王の衣装部屋係、悪魔上級議会の議長と多くの肩書を持つ。ラバの姿で現れ、時には孔雀にも化けると言われる。アッシリア人より崇拝の対象とされており、祭壇では幼児が生贄として捧げられたとされる。
  • マンドレイク|その根が二本足の人間の姿である異形の植物。男女の性がある。マンドレイクは万病に効くきち貴重な霊薬でもあるが、非常に入手困難であった。土から引き抜かれる時に、とてつもない叫び声を上げて、人を殺すからである。
  • ビャッコ|中国の多くの神話や思想に語られる「四聖獣」の一柱。方角の西、季節の秋、五行思想の金を司る。古代中国における百獣の王は虎であり、ビャッコはその頂点に立つ存在とされる。
  • スカディ|ケルト神話における、暗黒の女神。その名は「影」を意味すると言われる。女神スカアハと同一視される場合もある。
  • スカアハ|ケルト神話の女神。「影の国」なる異界を統べる女王でもある。呪術師だがむしろ武芸に秀で、後にクー・フーリンの師となり、彼に魔槍ゲイボルグを譲り渡した。
  • マカーブル|中世ヨーロッパの宗教劇に登場した「死神」と同じ名前と姿を持つ悪霊。人間を一瞬にして死に導く強力な呪力を持った、まさに「死神」のような悪霊で、白い骸骨が描かれた黒い服を着て、人間の霊魂を刈るための長柄の大鎌を振り回す。また偉大なる「死」のために「死の舞踏」と呼ばれるダンスを踊ると恐れられる。
  • アイトワラス|リトアニアの伝承における蛇の精霊。屋内では黒猫ないし雄鷄、屋外では小さなドラゴンないし尾が燃えている蛇に姿を変える。アイトワラスは、隣家から牛乳や穀物、金品を盗むことで居着いた家を裕福にする。また盗みの対価としてオムレツを要求するとされる。一度家に居着いてしまったアイトワラスを追い出すことは非常に困難だが、教会で清めたロウソクで照らすことで消滅させることができると言われている。
  • マカミ|日本神話の神獣。狼が神格化した存在。厄除け、特に火難や盗難からの守護力が強いとされ、古くから絵馬なとに描かれてきた。しかし一方では、人を喰らう獣として恐怖の対象でもあったとされる。
  • オルトロス|ギリシャ神話に登場する双頭の巨犬でケルベロスの弟だとされる。世界の果ての島に棲むという怪物ゲリュオンの牧場を守護しており、非常に優秀な番犬であったが、英雄ヘラクレスが12の難事を行う中で一撃の下に殺されてしまった。
  • ヌエ|日本の伝承に出てくる怪物。猿の頭に虎の手足を持ち、胴は狸、尾は蛇だとされる。その奇怪で曖昧な姿から、ヌエは正体不明の人物の例えなどに使われる。また現れる時には独特の声で鳴くという。平家物語によれば毎晩の丑三つ刻、黒雲に隠れて天皇の御所を襲ったが、源の頼政という武将が弓矢で見事に射ち落とし、これを退治したという。
  • イズン|北欧神話に登場する女神。詩の神ブラギの妻であり、黄金の林檎の管理人でもある。彼女が管理する黄金の林檎によって神々は永遠の若さを保っているとされる。またその林檎はトネリコの箱の中に入れて保管されているという。
  • トート|エジプト神話に登場する全能の神。ヒヒの頭を持っている。悪神セトとは常に反目する立場を取り、オシリス、イシスといった善性の神々に従って行動したとされる。
  • アンズー|バビロニアの伝承に登場する邪悪な巨鳥。鷲の体にライオンの頭を持つとされる。神々の王になりたいという邪念から、主神エンリルが体を水で清めているスキに天命のタブレットを盗みだした。
  • パズス|シュメール文明に伝わる悪神。南東の風を司る魔王とされる。獅子の顔に人間の身体、背中には2対の鳥の翼を持ち手は獅子の前足、脚はワシの爪、また尾はサソリで、額な上には一本の奇妙に曲がった角がある。ペルシア湾から毒気をはらんだ熱風と共にやってきて疫病を蔓延させると言われる。
  • ナルキッソ|自分自身を愛したことで知られるギリシャ神話の花の神で、その姿を水仙に変えられたとされる。元々は非常に美しい姿をした青年であったが、妖精エコーをはねつけた罰として、水たまりに映った自分の姿にしか恋できない呪いをかけられた。彼は自分の姿の映った水辺を離れることができず、衰弱して死に、その名のついた花に姿を変えられたという。
  • ジャアクフロスト|凶悪に成長したジャックフロスト。悪魔として鍛錬を怠らずに変化した姿である。かつてはイタズラ好きな雪の妖精であったが、この姿となった状態では魔王のような強大な力を得ている。
  • コダマ|日本の伝承に語られる、草木の霊。樹齢百年を超える樹木に宿るといわれ、その名は「木霊」と書く。山間で声などの音が反響することを「こだまする」と言うが、かつてこの現象はコダマが返事をしていると考えられていた。
  • ピクシー|イギリス南西部に棲む小型の妖精。陽気で悪戯好きな性格とされる。各地方で伝えられる姿がやや異なるが、その性格は概ね一致している。代表的な悪戯の中に「ピクシー・レッド」と呼ばれるものがあり、人間に同じ場所を、輪を描くように延々と歩き続けさせるという。一方で農作業の手伝いをする面などもあり全面的に良い妖精とされる。
  • キンキ|平安時代、伊賀・伊勢を治めた伝説上の豪族「藤原千方」が使役した四鬼の一柱。どんな武器も弾き返す堅牢な体を持ち、千方を勝利に導いたとされる。紀友雄の和歌により奈落の底に落ちたとされ、今でも彼らの落ちた四つの穴が残っている。
  • ディオニュソス|ギリシャ神話の酒と演劇の神。主に女性からの熱狂的な信仰わ集めた。元来はトラキアの山脈を守護する生命の神。ブトウの木を発見し、その栽培とブトウ酒の製法を人間に普及させたといわれる。
  • ハリティー|鬼子母神として知られる女神。子供の生育を守る神として信仰される。元は人間の子供を喰らう邪悪な鬼であったが、釈迦が彼女の500人の子供のうち最も可愛がっていた末の子を隠すと、彼女は嘆き悲しんだ。釈迦が彼女に、親が子供を失う悲しみを説いて戒めると、彼女は善神となり、子供の代わりにザクロの身を食べるようになったという。
  • プリンシパリティ|神学に基づく天使のヒエラルキーにおいて、第7位「権天使」に数えられる下級天使。国家や文明の盛衰を司るとされる。

ナホビノ&仲魔の成長とカスタマイズ要素

エリアマップ上に点在する中継地点、龍穴に存在する「邪教の世界」では主人のソピアーが、キャラクターのパワーアップ、合体を施してくれる。これらのカスタマイズはメガテンの最も面白い要素である。

悪魔合体
悪魔を仲魔にするには戦闘で交渉し成功すると仲魔にでき、それら悪魔同士を合体させて新たな仲魔に加えることができる。手持ちの仲魔同士を合体させる「2身合体」や過去に仲魔にした悪魔を悪魔全書から合体素材として呼び出す「逆引き全書合体」も可能。さらに条件を満たすことで可能になる「特殊合体」はオーディーンや黄龍などの強力な悪魔を召喚できる。

新魔の儀:写せ身合体
「写せ身」を使い行えるスキルの合体。悪魔の能力を宿すアイテムの写せ身は、戦闘や宝箱などで入手でき主人公や仲魔に新たなスキルを宿すことができる。例えば火炎が弱点の仲魔に火炎吸収スキルを与え弱点をプラスにすることも可能。(主人公は悪魔の防御相性も引き継ぐことも可能)

新魔の儀:神意の儀
マップ上のマガツカのボスを倒すことでナホビノに新たな能力が開放される。御厳を消費して邪教の世界から「神意の儀」で能力を獲得できる。なかでも役立つ能力の「獲得可能スキル数」や「仲魔にできる数を増やす」は優先して獲得すべきだろう。また御厳は様々な場所で入手できる。のでぜひマップを探索して欲しい。

何を伸ばすか引き継ぐスキルの取捨選択は悩ましいが最も楽しい時間でもある。自分なりの最強のキャラクター、パーティーを作ろう。

スキル 一覧(一部)

物理

  • ブレイブザッパー
  • 冥界波
  • カタストロフ
  • ヤブサメショット
  • グングニル

火炎

  • メギドフレイム
  • トリスアギオン
  • 熱りたつ業火
  • マハラギバリオン
  • マハラギダイン

氷結

  • ブフバリオン
  • マハブフバリオン
  • 熱りたつ豪雹
  • アイスエイジ
  • 絶対零度

電撃

  • 真理の雷
  • マハジオバリオン
  • 熱りたつ雷光
  • ナルカミ
  • ジオバリオン

衝撃

  • 熱りたつ大嵐
  • ザンバリオン
  • 風龍撃
  • ザンマ
  • 土偶発破

破魔

  • マハンマオン
  • ハマバリオン
  • 落光
  • 白龍撃
  • ゴッドアロー

呪殺

  • ムドオン
  • 死んでくれる?
  • マハムドバリオン
  • 毒蛇の息
  • 死蠅葬列

万能

  • エナジードレイン
  • 狂乱の神輝
  • メギドラオン
  • 至高の魔弾
  • ビッグバン

補助

  • ラスタキャンディ
  • 貫く闘気
  • デクンダ
  • ランダマイザ
  • テトラカーン

状態異常

  • マカジャマオン
  • セクシーダンス
  • 子守唄
  • まどろみの渦

回復

  • メディラマ
  • ディアラハン
  • サマリカリーム
  • メパトラ
  • メディアラハン

その他

  • 物理反射
  • 万能プロレマ
  • 氷結反射
  • 猛反撃
  • ミナゴロシの愉悦
神意習得 一覧(一部)

覇道

  • 道具の知恵
  • 不撓
  • 防衛準備
  • 溢れるマガツヒ
  • 臥薪嘗胆
  • 一気呵成
  • 反攻準備・耐性
  • 反攻準備・無効
  • 種族超越
  • マガツヒ散らし
  • 節約上手
  • 仇討ち

福音

  • 神の手
  • つはもの誕生
  • 忘れじの経験
  • 神格習合
  • 写せ身の極意
  • 回復の厚遇
  • 商いの厚遇
  • 全書の厚遇

覚醒

  • 技能発見
  • 悪魔指導
  • 成長祈願
  • 成長の祝い
  • 仲魔の技数

万象

  • 物理の心得
  • 火炎の心得
  • 氷結の心得
  • 電撃の心得
  • 衝撃の心得
  • 破魔の心得
  • 呪殺の心得
  • 万能の心得
  • 状態の心得
  • 回復の心得
  • 補助の心得

奥深い戦闘

メガテン5の戦闘は、ペルソナと同様に、物理、火炎、氷結、電撃、衝撃、破魔、呪殺などの敵の弱点を突いて有利に進めていくことが重要だ。しかしペルソナと大きな違いは、仲魔(仲間)を流動的に変えられること、これにより仲間が固定されるペルソナよりもカスタマイズ性の高い戦略的な戦闘が行える。

また骸の棲家の主人、ギュスターブの店で買えるアイテムやギュスターブの手下、ミマンを各エリア内で発見することで貰える貴重な報酬も戦闘や成長に大いに役立つだろう。

ギュスターブ商品・ミマン報酬 一覧(一部)

販売アイテム

  • 傷薬
  • アムリタソーダ
  • 道返玉
  • 火炎の小秘石
  • 氷結の小秘石
  • 電撃の小秘石
  • 破魔の小秘石
  • 呪殺の小秘石
  • 火障石
  • 氷障石
  • 雷障石
  • 風障石
  • 光障石
  • 闇障石
  • 万里の眼鏡
  • くらまし玉

ミマンを探せ報酬

  • 5体 初級回復薬セット×3個
  • 10体 精霊族の護符×1個
  • 15体 ネコショウの写せ身
  • 20体 氷結の秘石×3個
  • 25体 エンジェルの写せ身
  • 30体 霊鳥族の護符
  • 35体 属性秘石セット×3個
  • 40体 マカミの写せ身
  • 45体 神獣属の護符
  • 50体 香セット×2個
  • 55体 聖獣族の護符
  • 60体 Kフロストの写せ身
  • 65体 異常秘石セット×4個
  • 70体 魔神族の護符
  • 75体 属性秘石セット×6個
  • 80体 ケツアルの写せ身
  • 85体 経典セット
  • 90体 鬼神族の護符
  • 95体 チャージ秘石セット
  • 100体 幻魔族の護符

長く遊べる要素

メガテン5の面白い点に、本編以外にも豊富なサイドクエストが存在する。サイドをクリアすることで、レアな悪魔合体のレシピが解禁されたり、強力な仲魔を得たり、役立つアイテムが貰えるのでぜひクリアしながら進めることを勧める。

本編ではストーリーの佳境で大きな選択を迫られる、その結果によるマルチエンディングが用意されている点も見逃せない要素だ。

クリア後は、レベル、能力、仲魔を引き継いだ愛着のあるデータから二週目に挑戦ができるので、サブクエストや仲魔やエンディングをコンプリートするまで長く楽しめる。やり込み要素があるのは嬉しい。

難易度は、セーフティ(無料DLC)、カジュアル、ノーマル、ハードの4種類(途中で一部まで変更可能)。クリア後は、どこまでの要素を引き継ぐか「新生」と「転生」の2種を選べ、難易度を調節でき、初心者から上級者まで幅広いレベルのユーザが楽しめるようになっている。

サイドクエスト 一覧(一部)
  • さらわれたイズン
  • ランタンの燃料
  • 珍味なる毒石
  • 明神の森へ連れてって
  • アキハバラ探索組
  • 邪悪なフロストくん再び
  • 雨露の如く
  • ヘカトンケイルを排除せよ
  • ギンザの宝探し
  • 破壊の天使、顕現す
  • オオヤマツミ探索
  • 国津神と争ふ者
  • 氷川の滝のアラハバキ
  • 西の守護者
  • 南の守護者
  • 東の守護者
  • 北の守護者
  • 睡眠砂の補充
  • おカヤ印の香の物
  • 天王洲の魔王
  • 豊穣の角探し
  • 憎しみの蛮声
  • 牛神の系譜
  • 謀略の果て
  • エジプト支部の様子を探れ
  • 隼の首
  • 有翼日輪争奪戦
  • 猛々しき天の女王

メガテンⅤのつまらない点

  • エリアの操作性に問題があり
  • 仲間との交流が希薄
  • オートバトルは物理攻撃のみ

エリアの操作性に問題あり

メガテン5は面白いばかりではなく当然欠点もある。

エリアのグラフィックや仕掛けは、お世辞にも2021年の仕様とは思えず前世代的で古臭い。ジャンプや斬りつけ先制などのアクション要素があるが、アクション性に乏しくそれらの成長要素もなく面白いとは言えない。

ストーリー上の大部分をエリアの移動に費やすだけに残念な仕様だ。

仲間との交流が希薄

ストーリーは基本的に仲間(人)と行動をともにしたり会話や共闘などコミュニケーションをとる場面は少なくRGPとして寂しい印象。

ペルソナのような充実した学園生活や仲間とのコミュニケーションを期待してはいけない。アマノザコというナビ的な存在もいるが、仲魔(悪魔)は基本的に戦闘のみ参加。

他者との交流は希薄と言わざる得ない。

オートバトルは物理攻撃のみ

レベル上げ時の「ながら操作」に非常に役立つオートバトルだが、物理攻撃のみで、物理攻撃無効や反射の敵に対応できなかったり、HPを自動で回復してくれない。

気がついたらパーティーが全滅していたなんてことも。

せめてドラクエの「命を大事に」「魔法を使え」のように、臨機応変にオートバトルが設定できないものだろうか。これらが改善されれば、更に メガテン5は面白い はずだ。


それらを踏まえて 真・女神転生Ⅴ
には星4を贈ろう

待望のメガテンシリーズ、メガテンを面白いと感じているシリーズのファンも、ペルソナは知っているけどメガテンを知らない方も入りやすい内容になっています。おすすめです。

メガテン5は面白い
RakutenAmazon

広告にご協力お願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA