ドラゴンクエストビルダーズ2 「破壊神シドーとからっぽの島」の魅力

ドラゴンクエストビルダーズ2は面白い

ドラゴンクエストビルダーズ2 世界を作れ運命を壊せ!

ドラゴンクエストビルダーズ2は面白い 。

今作の良かった点と悪かった点について。ドラクエビルダーズ2はマインクラフトの自由に作れる要素とドラクエの物語やキャラクターデザインを組み合わせた国産のゲーム。(スクエア・エニックスから2018年12月20日 発売)

マインクラフトは見た目のチープさが筆者には受け付けませんでしたが、ビルダーズはマインクラフトっぽいけれど、ドラクエなら遊んでみたいと思わせる作品で前作もクリア済み。

ドラゴンクエストビルダーズ2は面白い そのストーリー

邪教の大神官ハーゴンと破壊神シドーが打ち倒され、しばしの平和が訪れていた。しかし、世界には「ハーゴン教団」の脅威が再び迫っていた。

世界の破壊をもくろむハーゴン教団は、モノづくりのチカラを持つビルダーを敵とみなし、根絶やしにしようとしていた。

物語 公式サイトから引用

ドラゴンクエストビルダーズ2 楽しい・面白い点

  • 建築が面白い
  • ドラクエビルダーズ2はキャラが愛らしい
  • からっぽ島での建築や人の作品を見たりと色々楽しい
  • 作った町を評価してもらえる
  • ドラクエの世界観が素晴らしい
  • 無料アップデートが豊富

建築が面白い

ビルダーズ1の時もそうでしたが、荒地に町ができて次第に人が集まってくると、今までの苦労も報われた気分になり、もっと良い町を作ろうと意欲が湧いてくる。

今作の主な舞台の島々、

  • モンゾーラ島
  • オッカムル島
  • 終わらない戦いの島

で住民との心温まる物語が待っている。

何もない場所や廃墟から、少しづつ人が寝泊まりできる小屋から始まり、畑を耕し、水を引き、作物を育て、調理してみんなで町を大きくしていく過程は感動すること間違いなし。

道中で手に入れる、ハンマー、カワキのツボ、グローブなどのアイテムを使い、
出来ることも増えてくると、創造力も加速度的に膨らむ。

大人も子供時代の砂場の穴掘りのように、童心に帰って建築を楽しむことができるだろう。

ドラゴンクエストビルダーズ2はキャラが愛らしい

ドラゴンクエストビルダーズ2良かった点と悪かった点

今作と前作との違いは、仲間が一緒に作物を育てたり、町を作ったり、戦ってくれる点。

この点は前作に感じた、仲間が何もしないフラストレーションを解決してくれ、人間味を感じる要素。キャラクターが畑を耕し、料理を作る姿を見るとニヤっとしてしまう。

前作では1つのストーリーの最後にボス戦があり、せっかく作った町をボスに必ず破壊される。

だからどうせ作っても最後に破壊されるなどの理由による創作意欲の低下は、前作の大きなマイナス点。

しかし今作はボス戦後に仲間が壊れた町を修復してくれるので安心。

  • 主人公|モノを作り出す不思議なチカラを持った若きビルダー。先祖の先祖のそのまた先祖は、かつて闇に覆われた世界を復活させた伝説のビルダーだという。今はまだ見習いの身だが、背負った「ビルダーの書」を頼りに一人前のビルダーを目指す。
  • シドー|からっぽ島で主人公と出会う、記憶喪失の少年。シドーという名前以外、からっぽ島にくるまでの記憶をすべて失ってしまっている。モノづくりの才能はないようだが、モンスターとの戦いや素材集めは得意。
  • ルル|主人公とともに、からっぽ島に流れついた少女。一流のビルダーであった父親とビルダー見習いの主人公を比べてしまうことも。
  • チャコ|自称・畑作りの天才。腐敗した大地を蘇らせ、かつての大農園を復活させようと奮闘する。
  • ペロ|かつてオッカムルの町にあったバーの看板娘。やる気をなくした町の男たちを立ち直らせ、鉱山とバーを再開するのが願い。
  • マッシモ|ペロの手助けをするため、相棒のミルズとともに町へやってきたあらくれ。鉱石採掘は得意だが、魔物は大の苦手。
  • リック|王国一の剣の使い手である兵士長。ビルダーの来訪に勝利への希望を感じ、ハーゴン軍打倒に立ち上がる。
  • アネッサ|王国一の戦術家と名高い将軍。ハーゴン教団の軍勢と戦いながらも、教団に勝利しようとまでは思っていない様子。

からっぽ島での建設や人の作品を見たりと色々楽しい

ビルダーズギャラリー

写真はupaさんの作品

前作は、1つのストーリーが完結したら、そこでの建築が終わってしまい、一回作り切りの要素が、次第に終盤へかけてモチベーションの低下を招いていた。

今作も1つのストーリー毎にそこでの建築はお役御免になるのだが、

今作は、前作に無かった自分の島である「からっぽ島」で好きなように作れる機能があり、大規模な建築が可能になった。

ストーリーの中で訪れた土地や素材島で見つけた、建築材料や作物、道具、

島に生息している羊や鶏などの生物を、からっぽ島に持ち帰ることができ、それらを新しい素材として利用できたり、各島で出会った住民達も、からっぽ島に連れて来れるので、

その点で前作の残念な所を解消しており、そこで作った建物や町を掲示板でネットに公開してユーザー同士で評価しあったり、友達と共同建築などを行うことができるようになったのも本作の大きな魅力。

島では思う存分、楽しんで作れて他のユーザーの力作を見るだけでも楽しいし、随時コンテンストも開催されているので、自分も頑張って作ってみようとモチベーションアップになる。

作った町を点数で評価してもらえる

ドラクエビルダーズ2

からっぽ島では、建物に評価の点数が付けられる、例えば壁を土からレンガや金にすると豪華さのポイントアップに、セクシーな証明を置くと色っぽさの点数や、スライムの置物などでポップの点数アップ。住人の部屋に個性に合った家具置いたり、壁や床の模様替え、お風呂を作ると住人の生活の満足度も上がります。畑を作ると住民が作物育て、キッチンを作り食材を用意しておけば、料理を作ったりします。

一部アイテム

  • 王女のベッド
  • カラーデスク
  • 王の食卓
  • 石のいす
  • バスタブ
  • ドレッサー
  • 柱時計
  • ついたて
  • 革ぶくろ
  • みやびな壁
  • たたみ
アイテム総数

  • 消費アイテム 約210種
  • 作業台 約22種
  • 床壁天井 約298種
  • 扉 約74種
  • 農業 約33種
  • 照明 約25種
  • 家具 約85種
  • 飾り家具 約379種
  • 壁掛け家具 約32種
  • 機械 約43種
  • 中間素材 約122種

これだけの材料、組み合わせは無限大!?ハマれば底無し沼。

単純に作るだけではなく、考えながら作れる機能は良い点。

ドラクエの世界観が素晴らしい

鳥山明氏のキャラクター、すぎやまこういち氏の音楽が彩る、親しみやすく懐かしくどこか安心する世界観はゲームを盛り上げる大事な要素です。

無料アップデートが豊富

発売後もアップデートが行われており、1回目から5回目までの最終アップデートまで完了しています。発売当初に存在しなかった日本建築や現代建築や見た目の変更、カメラ機能の増加、新しいエピソードの追加、天気を操れる、新しい自分のかいたく島を複数持てる、セーブデータの増加など運営側の発売後も盛り上げようとするサービス精神が素晴らしい。

ドラクエビルダーズ2のつまらない・面白くない点

  • ストーリー上、作らなければならない建築に自由度がない
  • 前作同様に中だるみする
  • 夜に登場するお化けがウザすぎる
  • クリア後のモチベーション

ストーリー上の建築は自由度がない

ドラゴンクエストビルダーズ2は面白い

ストーリー上、不可欠な要素。例えば「温泉を作って欲しい」「バーを作ろう」など、こういった建築は設計図通りに作る必要があり自由に作れない。

物語中の大部分が、設計図通りに製作する作業となる為、前作同様に流れ作業的、お使い要素の影響で、次第にマンネリ化し中だるみしてくるのは残念な所。

前作同様中だるみする

最初は作ることが、楽しくて仕方がないのですが、1つのエリアで作っては物語をクリアを繰り返すと、新しいエリアでまた同じことを繰り返すと思うと面倒になってくる。

夜に登場するお化けがウザすぎ

夜になると出てくるお化けが、地味に鬱陶しい、倒しても倒しても沸いて出てくるので、次第にウザくなる。しかもゲーム性や物語に必要なのかも疑問。

クリア後のモチベーション

このゲームの醍醐味は、クリア後に自分の島で好きなように思う存分、作って遊べる点もある。

がしかし、物語の進行をモチベーションにしているプレイヤーには、響かない要素かもしれない。

というのも、目的も無く、ひたすらに作り続けるのは、時間も労力もかかる。YouTuber の中には一年間作り続けた情熱的な猛者もいるが

1万個以上規模によっては数万個のブロックをひたすら、根気よく並べたり壊したり、材料を調達する行為は、達成できれば喜びだが、時間のない社会人には苦行でしかない。

なので、クリア後を楽しめない人には、醍醐味を全て味わい尽くすことができないかもしれない。

もちろんストーリーモードだけでも、十分楽しさは享受できる。PSストアセールなどあればお得感も増すだろう。


それらを踏まえてドラゴンクエストビルダーズ2には星3.5を贈ろう

ドラクエビルダーズ2は、マインクラフトを敬遠していた人、特にドラクエの世界観が好きな方にオススメです。ストーリー性は希薄ですが、作る楽しさは童心に帰れますし、子供がいる人は子供と一緒に楽しめますよ。まるで子供の頃に遊んだ砂場での穴掘りを思い出せるゲームです。


ドラゴンクエストビルダーズ2筆者のプレイ動画


AD ご協力お願いします