スーパーマリオ・オデッセイ はシリーズ最高傑作?

スーパーマリオオデッセイは面白い

SUPER MARIO ODYSSEY とは

スーパーマリオオデッセイは面白い ? つまらない ?

スーパーマリオオデッセイ は Nintendo Switch から発売された マリオシリーズ(2017年10月27日発売 売上200万本以上)

マリオ64 から マリオサンシャイン などこれまでの 任天堂ハード の目玉としてリリースされてきたスーパーマリオの正統進化シリーズと呼べるのが本作。

世界中のユーザーやメディアから絶賛された。最高傑作と名高い作品だ。

マリオというコンテンツそのものが、遡ることファミコン時代から世界中で愛され、

マリオの生みの親である宮本茂 氏は、作品毎にブラッシュアップして楽しませてくれる。

本作でも新しい仕掛けでユーザーを飽きさせず、マリオのイメージも大切に、丁寧に作られたマリオがつまらないわけがない。

スーパーマリオオデッセイは面白い そのストーリー

物語は、またもやマリオの目の前で拐われ ピーチ姫。今回の クッパ の目的は、なんと ピーチ姫 との ウエディング !?盛大な式にするために、クッパは世界中を巻き込んで、準備を開始。マリオは結婚式を阻止すべく、急いでクッパを追いかけます。しかし、そんなマリオの前をブルーダルズが行く手を阻むのでした。

スーパーマリオオデッセイの楽しい・面白い点

  • 新しい要素 相棒の帽子の 妖精キャピー
  • 1つのステージをじっくり遊べる
  • 仕掛けが面白い
  • 多彩な 衣装 と着せ替え要素
  • 写真モード

新しい要素 相棒の帽子の妖精キャピー

スーパーマリオオデッセイは面白い

本作は マリオのトレードマーク の帽子に 帽子の妖精キャピー を乗り移らせて、協力しながら多彩なアクションを駆使して攻略していく。

中でも目玉となる新アクションの キャプチャーアクション は、

帽子に乗り移ったキャピーを敵や動物、モンスターに投げつけて身体を操る新アクション。

  • クリボー
  • ハンマーブロス
  • ジュゲム
  • キラー
  • ぷくぷく
  • ワンワン
  • ファイアーパックン
  • 新キャラクターのTレックス
  • カックン
  • アッチーニャ神のこぶし
  • みるぞー
  • ミニロケット
  • 望遠鏡

などの 約52種類 の キャプチャーアクション が可能。

1つのステージをじっくり遊べる

スーパーマリオ64 の系譜を引く本作もその他のシリーズ同様に、ステージに隠された幾つものパワームーンを集めながらステージを進めて行く。

全てのパワームーンを集めるのも 必要最低数 を集めて先に進むのも自由。ステージは森の国、雲の国、都市の国、料理の国などバラエティに富んでおり、ついついパワームーンを探しに勤しんでしまう魅力がある。

各エリアのみで使える通貨、紫のコインを集めてステージの特徴を反映した衣装、マリオとキャピーの移動手段として使う宇宙船オデッセイ号の飾りなどを購入して集められる、本編に関係しないコレクター心理をくすぐる要素も嬉しく、本作の良い点。

ステージの仕掛けが面白い

バラエティに富んだステージでは、様々な仕掛けがプレイヤーを待ち受ける。

  • 3Dから2Dにダンジョンの切り替わり
  • 隠しルート
  • パズル要素
  • キャプチャーアクションを駆使した攻略
  • 迷子の羊探し
  • 音符集め
  • タイムアタック
  • レース

多彩な衣装と着せ替え要素

各ステージでは、そのステージのイメージに合わせた衣装を購入できる。

海なら海パンや海賊やセーラー 森なら冒険家 街ならスーツ 魅力的なファッションにイメージチェンジして遊ぶとまた新鮮に感じる。

写真モード


写真撮影を楽しめる。せっかく着せ替えたら写真を残したくなるものだ、決定的瞬間を見逃すな。

スーパーマリオオデッセイの
つまらない・面白くない点

  • ステージ数が物足りない
  • 操作方法が様々あり難しい
  • 衣装をゲームに活かせていない
  • amiibo の用途がイマイチ
  • ラスボスのクッパは飽きた

ステージ数が物足りない

SUPER MARIO ODYSSEY

本作は ファミコン や スーパーファミコン時代 の横スクロールマリオのように1つのステージをクリアしてそのステージは終わりでなく、

1つのステージに隠されたパワームーンを集める為に何度も同じステージにトライする。

なので、ステージのバリエーションは約15ステージとなり、横スクロールマリオよりも必然的に少なくなってしまう。

ステージが少ないと思う人もいるだろうし、1つのステージが奥が深いから十分だと思う人、

人によっては、ステージ数の受け取り方は違ってくるだろう。

操作方法が様々あり難しい

本作は、通常のパッド式の操作方法と、Joy-con を Wii 時代の ヌンチャク式 のようにした二本持ちの操作方法が選べる。

基本アクションは24種類あり、全てを覚えるのはやはり難しい、

ゲームを有利に進めるには ヌンチャク式 の操作方法がおススメだが ヌンチャク式は 手が疲れる 痛くなるなど難点があり、悪い点。

腱鞘炎 には気をつけたい。

衣装をゲームに活かせていない

各ステージで購入して集められる衣装。 バラエティに富んではいるが 見た目以外にほぼ用途はない。

例えば マリオ3 では タヌキマリオ は 空を飛んだり ファイヤーマリオ は 火の玉 を出せたり見た目とアクションが連動していた。

せっかく様々な衣装があるなら、もっと意味を持たせられなかったのだろうか?

amiibo の用途がイマイチ

任天堂は Wii U から amiibo (アミーボ)というフィギュアを発売してゲームと連動した遊びを提案してきた。本作も amiibo を使うことができる。筆者はわざわざ、マリオオデッセイの為にタキシードマリオを購入した。

しかし タキシード が着られるくらいで その他にも パワームーン の在処を探せる機能 などあるが  amiibo の価格と対価に見合う機能ではないように思う。(ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドも同様)もちろん純粋なコレクターには フィギュア そのものが価値のある物ではあるが。

ラスボスのクッパは飽きた


マリオにストーリー性を求めるのは違うのかもしれないが、ほぼ毎回ラスボスがクッパなのには工夫が足りないのではないだろか。

ピーチ姫がクッパに拐われてマリオが助けに行くお約束のストーリーは、まったく面白くないし、もっとストーリーに意味を持たせて欲しい。

正直、マリオやクッパ、ピーチ姫もこの茶番にもう辟易していることだろう。ゼルダにしてもそうだが、任天堂の物語の作り方は、大抵、雛形ベースで対立構造が毎回ほぼ同じ。

ゲームそのものは素晴らしいのに勿体ない気がする。


それらを踏まえて
スーパーマリオオデッセイ には
星3.5を贈ろう

64 の時に 2Dから3D になった時のマリオは筆者は 最初は何が面白いのか 何をしたらよいのか戸惑いました。しかし 次第に理解ができてくると 中毒のように スター集めに勤しみました。 

本作も似たような感覚があり、最初は操作に慣れるのに神経を使いますが、ステージが進むにつれて色んな仕掛けや色とりどりの世界が広がって「あっ」というまに時間を忘れてクリアしていました。

インパクトでは64を超えることは今後 難しいのかもしれないですが マリオというコンテンツは安心して遊べる 面白さが保証された作品ですね。

RakutenAmazon

AD ご協力お願いします